作業療法学科

在校生からのメッセージ


田中 優さん
【作業療法学科2年】

私は家族の1人が身体に障害を持ったことで作業療法士の方にお世話になり、1人1人が自分らしく生きていけるよう、人の役に立てる仕事に憧れを抱き作業療法士になりたいと思いました。この学校を選んだ理由は、オープンキャンパスに参加した際に感じた、学校の雰囲気の良さと、関連の病院や施設が隣接していることによる、充実した実習があることで、机上では学べないような現場につながる経験がたくさんできることに魅力を感じたからです。
毎日が忙しく、1日1日があっという間に過ぎていきますが、とても充実した学校生活を送ることができています。2年後には先生や先輩方のような立派な作業療法士になれるよう、同じ目標を持った仲間とお互いを高め合いながら、1年生の時から先生方に教わってきた、作業療法士は「作業」のスペシャリストだという言葉を胸にこれからもたくさんのことを学んでいきたいです。

PAGETOP