作業療法学科

作業療法学科:教員紹介

神山

学科長 神山 真美

【主な担当科】
  • 体表解剖学
  • 作業療法評価技術論Ⅰ
  • 作業療法技術論Ⅰ
  • 作業療法診断学
仙台の学校を卒業した後、上尾中央総合病院に勤務していました。急性期から慢性期までの様々な方と出会い、特に、脳血管障害(脳出血、脳梗塞など)のへの関わりが多かったです。ベットサイドから介入し自宅や施設など、ご本人やご家族が少しでもより良い生活が送れるようになる事が何よりうれしいことです。学校では、基礎医学(運動機能や体表解剖学)を始め、身体機能の評価や治療方法を担当しています。「わかってうれしい」「出来て楽しい」を一緒に感じられたらいいなと思っています。作業療法の仕事は、奥が深く・幅広いです。常に「作業療法士として何ができるか?」の疑問を持って、臨床でも学内でも小さな変化や気づきを大事にしたいです。1人の作業療法士として、教員として、学生とともに「患者様」「ご家族」「一緒に働くスタッフ」から信頼され必要とされる作業療法士を目指しています。
梅津

副学科長 梅津 聡

【主な担当科】
  • ADL技術論
  • 義肢装具学
  • 作業療法診断学
学校には開設時に赴任しました。それまで病院の臨床でやってきたことを整理して学生に伝えること、一緒に考えることの難しさを実感しております。作業療法で関わるのは、普通に食べられる、ご飯がおいしい、行きたいところにいってしたいことをする、よろこべる、がっかりできるなど、なにげない日々の営みです。作業療法士自身、自分自身感情を表出する、自分のしたいことに気づくことが他者理解に通じると思います。なぜ悲しいのか、うれしいのかを分かり合えるということは奇跡だと思います。すこしでも他者と分かり合えるように、日々の生活を丁寧に生きていきたいです。患者さん以上に患者さんを知る専門家はいません。作業療法の知識、技術は患者さんが何を求めているかがわかると、大きな力を発揮します。もっともっと作業療法士になれるよう、自分を大切に、自分を満たしてあげるとともに、知識、技術を高めていくよう生きていきます。
生方

専任教員 生方 剛

【主な担当科】
  • 作業療法概論
  • 体表解剖学
  • 統計学
上尾に生まれ、上尾で育ち、職場も上尾、という上尾っ子です。小さい頃から人の役に立ちたいという気持ちがありました。その中でも作業療法と知り合ったのは偶然が重なった結果です。その偶然が今では自分の職業になりました。本校に来る前は上尾中央総合病院のリハビリテーション科で勤務していました。そこでは様々な方と出会い、患者様から社会人としても心得や、料理の作り方、仕事のことなど、たくさんのことを教えていただきました。教えていただいた分、自分も多くのことを還元できるよう仕事に励んでいます。作業療法士に必要なことは、相手の弱いところだけを見ず、ひとりの人として尊敬の念をもって接し、自分にできることを考え、迷い、悩みながらも前に進む気持ちです。そして、作業を介して人とかかわることの楽しさや喜びを感じましょう。そんなことが実感できる授業を心がけていますので、よろしくお願いいたします。
後藤

専任教員 後藤 博子

【主な担当科】
  • 作業療法評価学
  • 作業療法技術論
  • 生活環境論
  • 義肢装具学
好きな作業は、「食べること」と「休息」、以前は旅行も好きでよくでかけていましたが、ここ数年は家でゴロゴロ派になっています。最近興味を持っているのは「学び」についてです。作業療法士になる前はアクセサリー関係の仕事をしており、当時趣味だった占いに少し似ているものを感じて作業療法士を目指しました。作業療法士になってからは、病院と老健で主に高齢期の方の作業療法に関わってきました。作業療法はとても幅広く、かつ奥が深いので、日々勉強です。また、人は作業活動を通して自分になっていくという考えが作業療法の前提としてあるので、毎日の生活の中でも作業療法的なものの見方や考え方が役に立っています。授業という作業を通して、学生さんと協業中です。一緒に作業の魅力を追求しましょう。
塩澤

専任教員 塩澤 智美

【主な担当科】
  • 作業療法評価総論
  • 生活環境論
  • 精神医学
  • 各科目の精神科関連の部分
医療職に憧れがあり、とある養成校の作業療法学科の体験授業(革細工)を通して、作業の楽しさ・面白さを知り、作業療法士を目指しました。在学中は勉強の大変さや実習の辛さに何度も挫けそうになりましたが、家族や友人達に支えられて作業療法士になれました。
学校へ赴任してくる前までは、横浜にある上尾中央医科グループ唯一の精神科病院で良い仲間・同僚に恵まれて働いていました。そこで精神科作業療法以外にも老健への出向、訪問リハビリ等、様々な経験をし、近年は主に認知症治療病棟担当作業療法士として、認知症の方に関わっていました。精神科の患者様や認知症の方は一朝一夕に大きな改善が見られることは少ないのですが、関わりを通して色々な変化を実感出来ることは、作業療法士として面白い部分であり、とてもやりがいがあります。今後は作業療法士を目指す学生さんのサポートをしていく中で、私自身も成長していきたいと思っています。
濵野

専任教員 濵野 百合子

【主な担当科】
  • ADL技術論Ⅱ
  • 作業療法評価技術論Ⅱ
  • 作業療法技術論Ⅱ
  • 継時的作業療法学
私と作業療法の出会いは、高校2年生の時、医療関係の仕事をしていた母親の勧めがきっかけでした。大学生活はとにかく勉強とバイト、友人と遊ぶことで目まぐるしく日々が過ぎていきました。実習と国家試験の勉強は今までにない位、身体的にも精神的にも大変でしたが乗り越えた時の達成感もとても大きいものでした。卒業後は総合病院に就職し、沢山の患者さんと出会い、自分の知識や技術を磨きました。学校にきてからは、食事や入浴等の日常生活について学ぶADL技術論や、注意や記憶等の高次脳機能と呼ばれる脳の働きに関する分野の講義を担当しています。今勉強している学生たちをみると本当に覚えること、身に付けなければいけない技術等が以前よりも多く大変だなぁと感じます。しかし、学生たちは大変な3年間を通して見違えるように成長していきます。そんな風に、作業療法士という仕事は生涯を通して自分を成長させることができる仕事だと思います。
大塚

専任教員 大塚 真代

【主な担当科】
  • 保健医療福祉制度概論
  • 体表解剖学
  • 作業療法評価技術論Ⅰ
  • 作業治療学
本校卒業生です。病院で5年勤務後、教員となりました。ご教授頂いた先生方と一緒に働けて毎日充実しています。病院では小児~老人と幅広い年齢層の方々のリハビリをさせていただきました。暗い表情から笑顔を引き出せた時やりがいを感じておりました。学校では学生の好奇心・向学心・創造力を引き出し、未来が求める「作業療法士」へなるためのお手伝いができたらなと思います。卒業生ということを活かし、自分が悩んだこと・嬉しかったことを思い出しながら一緒に楽しく学習していきたいです。
好きなことは【体を動かすこと】ハイキング・釣り・バドミントン・ウィンタースポーツなどなど、色々な物に興味があり挑戦しています。最近ではトランポリンを行っています。嫌いなことは【日焼け】日焼け対策徹底して行っていますが、学生といるときは日差しを忘れて外での行事・交流を楽しんでいます。一緒に「夢」への挑戦しませんか?お待ちしております。
増田

助手 増田 大樹

【主な担当科】
  • ADL技術論
  • 作業療法評価技術論
  • 義肢装具学
自分自身が患ったケガのきっかけから作業療法というものを知りました。リハビリを受けていく中で「痛い、つらい、やってられない」そんな気持ちを持ってしまった自分は、「楽しい時間を過ごせるリハビリの人」になるべく作業療法士になりました。私はこの上尾中央医療専門学校の卒業生であり、卒業後は病院での勤務の中で様々な患者様と日々精進していました。患者様と触れ合う日々は、疾病により負った障害の回復だけではありません。園芸、手芸、調理、遊び、雑談…様々な作業を通して生み出せる患者様の笑顔・大きな笑い声を、今は皆様にも知って欲しく、もっと作業療法、作業療法士を知って欲しいと思っています。作業療法士になるためには、もちろん勉強が必要です。ですが、良い作業療法士になるためには、机の上の勉強だけでなく、よく遊び、様々な経験が必要だと感じています。良き療法士、良き人間になるため、是非一緒に学んでいきましょう!

PAGETOP