上尾中央医療専門学校

ごあいさつ

理事長・学校長
あいさつ

理事長あいさつ

理事長 中村 康彦

近年、社会環境や生活環境の変化による少子高齢化と疾病の多様化が社会問題となっており、医療に対するニーズが大きく変化してきております。

理学療法士・作業療法士が活躍する場所も医療、保健、福祉及び介護の分野にとどまらず、疾病予防、介護予防、健康づくりなど健康増進事業においての需要が多くなっており、果たす役割も重要になってきております。

本校の母体は「医療」「福祉」「教育」の三つの柱を基本方針とし、首都圏に27の病院と21の介護老人保健施設を運営している上尾中央医科グループであります。当グループが2014年12月に創立50周年を迎えるまでに医療情勢は大きく変化し、医療技術も日々進歩してまいりました。その50年の歴史の中で培ってきた知識・経験を理学療法士・作業療法士の育成に活かすことで、技術の修得は勿論のこと、専門職として必要な精神と自己の学習能力や発展的能力を備えた、社会のニーズに即応できる人財を育成できると考えております。そして、関連病院や介護老人保健施設が隣接しているからこそできる「臨床と密接した教育」により、技術に偏重することなく、心身を病む人の抱える問題を正面から受け止められる人間性豊かな理学療法士・作業療法士の育成が可能であり、また、これこそが本校の使命であると考えます。

新しいことに挑戦したいと思うチャレンジ精神のある方、私たちは学ぶ意欲に応えていきます。患者様に選ばれ、現場に求められる理学療法士・作業療法士を目指して一緒にはじめましょう。

学校法人 康学舎
理事長 中村 康彦

学校長あいさつ

学校長 奥村 博文

リハビリテーション専門職を目指す方々は、「誰かの生活を豊かにするために役に立ちたい」と思っている方が多いように思います。本校では、そういった「想い」をずっと大切に持ち続けていただきたいと考えています。そのために、各学年において半年に一回(臨地)実習を設け、常に作業療法士・理学療法士の仕事のやりがいを感じられ、自分自身の将来像を思い描けるようなカリキュラムを編成しています。

本校の母体である上尾中央医科グループには、急性期医療から在宅リハビリテーションまで、幅広く活躍する作業療法士・理学療法士が多数在籍しており、皆さんが理想とする「未来の自分」に近づけるよう、効果的にバックアップできる環境があります。

本校は、実践的な職業教育を行う「職業実践専門課程」として文部科学大臣より認定されています。また、実習以外でも現役の作業療法士・理学療法士と触れ合えるイベントも多数あり、学習方法から就職活動まで、一人で悩むことがありません。

「障がいを抱えた方の生活を豊かにしたい」「健康な方がずっと健康でいられるように役に立ちたい」など、未来の自分に向って邁進してください。我々も、学生の皆さんが「理想の自分」に近づいている実感できる学校を目指して、日々精進して参ります。

学校法人 康学舎
上尾中央医療専門学校
学校長 奥村 博文

副校長あいさつ

副校長 高島 恵

作業療法士・理学療法士は、対象者の想いを受け止め、その方らしい生き方を大切にするために、リハビリテーションという技術で支える専門職です。

本校では、そのような作業療法士・理学療法士を育成するために、3年間で実践的な教育を実施しています。学内学習では基礎医学を重視しており、それらの知識を用いて対象者の課題解決につなげる講義を実施しています。また実習地や就職先となる臨床は距離が近いだけでなく、実習指導者と教員が十分なコミュニケーションを取ることが出来る関係にあるため、学生は安心して臨床実習を行うことができます。半期に1度はある臨床実習を通じて学内学習の意味づけをしたり、学んだ知識を実習での経験とつなげたりすることで、活きた知識・技術を修得することができます。

また本校のもう一つの特徴として、学生との距離が近いアットホームな雰囲気があります。勉強のことはもちろん、学費や健康面など、さまざまな不安を抱えそうになったとき、気軽に相談できるような関係性であることを大切にしています。

このような安心して学ぶことができる環境で、3年間私たちと共に学び続け、未来が求める「人」になりましょう。

学校法人 康学舎
上尾中央医療専門学校
副校長 高島 恵

オープンキャンパス
資料請求