学校案内

3つのポリシー

アドミッションポリシー

教育理念・目標を基盤に、「未来が求める人」となる作業療法士、理学療法士の育成を目指しています。

そのために、本校では下記のような人を求めています。

  • 「作業療法士・理学療法士になる」という強い意志を持つ人
  • モラルがあり、基本的な態度や礼儀(言動や身だしなみなど)が身についている人
  • 基本的な生活習慣(体調管理、時間管理など)が身についている人
  • 他者を思いやり、協調性を重んじる人
  • 自ら考え、行動できる人
  • 学習習慣および基礎学力が身についている人

カリキュラムポリシー

上尾中央医療専門学校が求める学生像および学位の授与方針、ならびに本校の教育理念に基づき、次のような基本方針を立て、カリキュラムを編成構成している。

1.準拠している法令およびガイドライン

理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則および理学療法士作業療法士養成施設指導ガイドラインに準拠した、基礎分野・専門基礎分野・専門分野の科目とその教育内容を、有機的に繋がりをもって学習できるように配置している。また、理学療法・作業療法教育ガイドラインのコアカリキュラムに基づき、各科目とその教育内容の充実を図っている。

2.臨床ニーズの反映

教育課程編成委員会における現場委員や専門家委員からの意見聴取、臨床実習指導者の教育に関する意見聴取、臨床実習事後セミナーに参加した現場のセラピストからの教育に関する意見聴取などから、多面的かつ定期的に臨床ニーズを捉え、カリキュラムへ反映する仕組みを策定・運用し、時代に即応できる人財の育成を図っている。

3.学習成果の評価

学修成果は学則および細則「教育課程及び履修方法等に関する規程」に基づき、各科目の目標に対する到達度を評価する上で最も適した方法を各学科にて吟味し、実施する。

4.各目標との連動

卒業時および各学年の目標、ならびに情意・思考・知識・技術に関する各々の目標を設定したうえで、その目標へ到達するのに必要なカリキュラムを編成構成している。

5.土台となる基本的態度や心構えの徹底した教育

社会人、医療人として必要な態度、行動、礼節、身だしなみ、コミュニケーションの徹底した教育とともに、生涯学習の視点から、専門職として自ら学び続ける姿勢を3年間一貫して育成している(社会人基礎力の育成を含む)。また、自己の問題解決能力として、目標設定とその達成に向けた行動、および定期的な内省実施、目標の再考、行動修正の過程について教育を実施している(メタ認知能力の育成を含む)。常に患者様、利用者様を第一に考えた思考、行動を教員、学生ともに実践する。

6.効果の高い学習方法の検討と導入

学習者中心型教育、症例基盤型学習による実践的思考力の育成、基礎医学と問題解決思考を重視した教育、客観的臨床能力試験の導入、グループ学習による効果的な国家試験対策の実施等、常に効果の高い学習方法を検討し実施している。

7.学外実習について

各学年において効果的な時期に多くの実習を配置している。先行型の体験実習では、その後の学内学習の理解の促進とともに学習意欲の向上に繋がる。2学年後期以降の臨床実習では、学内で学んだ内容を臨床現場において実践を通して学び深めることができる。患者様、利用者様に必要とされる療法士になる為に、全ての実習を通して、情意、思考、知識、技術の能力を統合的に高めることができる。

8.キャリア教育について

各学年の基礎分野の科目に、キャリアデザインⅠⅡⅢを配置している。学内授業、学外臨床実習、その他の教育活動全般、就職支援活動を通じて、人間関係・社会形成能力、自己理解・自己管理能力、課題対応能力、キャリアプランニング能力を養う。

 ■ 理学療法学科 カリキュラムポリシー

1.1年次においては、基礎分野、専門基礎分野の科目を中心に配置している。基礎分野の前期科目に基礎学習論を配置し、基本的な学習方法の習得とともに自ら学ぶ力を育成する。また、コミュニケーション論を配置し、医療従事者として対象者との良好な人間関係の構築のために必要な、実践的なコミュニケーション能力について学ぶ。専門基礎分野においては、理学療法士としての根幹をなす、基礎医学ならびに臨床医学の科目を中心に配置している。特に基礎医学の解剖学、生理学、運動学に関しては時間数とともに内容の充実を図っている。また、後期科目である一般臨床医学Ⅰにて、画像診断学および救急救命医学の基礎を学ぶ。専門分野の前期科目である通年科目である理学療法概論ⅠⅡにおいては、理学療法プロセスの学習とともに、症例を基盤とした学習を実施し、各科目の知識をプロセスの中で繋がりをもって活用できる思考力を育成する。
実習については、入学直後に3日間の理学療法概論実習、前期の後半に5日間ケアクラークシップを配置している。また、科目とは別に後期の後半に5日間の進級準備特別実習を実施している。

2.2年次においては、専門基礎分野、専門分野の科目を中心に配置している。専門基礎分野の前期科目に一般臨床医学Ⅱを配置し、栄養学、臨床薬学の基礎を学ぶ。また、基礎臨床医学を配置し、臨床医学で学ぶ疾患のなかでも特に理学療法士として関わることの多い疾患の病態を理学療法と関連させて学ぶ。また、予防理学療法学を配置し、介護予防、疾病予防、健康増進等における理学療法士としての役割およびその方法論を学ぶ。後期科目には、チームアプローチ論を配置し、医療・介護・福祉におけるチームアプローチ、連携について学ぶ。専門分野の前期科目には、主に理学療法評価、治療、思考に関する科目を配置し、理学療法実施に必要な知識、技術、思考力を育成する。通年科目には、系統別理学療法学(骨関節障害・神経障害・内部障害)を配置し、各疾患に対する評価、治療を学ぶとともに、症例を基盤とした学習にて統合的に知識、技術、思考力を育成する。また、内部障害理学療法学においては、喀痰等の吸引に関する知識と技術を学ぶ。後期科目には、地域理学療法学Ⅰを配置し、地域における理学療法および理学療法士の役割、地域包括ケアシステム、社会資源の活用等について学ぶ。また、理学療法教育論を配置し、理学療法士としての後進の育成、実習における学生教育、職場における職員教育等に関する、教育の理論、方法を学ぶ。
実習については、前期の後半に2週間の臨床理学療法実習Ⅰを配置し、ある程度の助言指導のもと基本的な理学療法が体験できることを実習の目標としている。後期の後半に6週間の臨床理学療法実習Ⅱ(評価実習)を配置し、ある程度の助言指導のもと基本的な理学療法評価が実施できることを実習の目標としている。また、臨床理学療法実習Ⅱにおいて、通所リハビリテーション又は訪問リハビリテーションに関する実習を1単位分実施する。

3.3年次においては、専門分野の科目を中心に配置している。基礎分野の前期科目に統計学、専門科目の通年科目に理学療法研究法を配置し、基本的な統計の手法ならびに研究の意義、方法を学ぶ。専門分野の前期科目には、理学療法総合演習Ⅰを配置し、治療実習に向けて理学療法実施に必要な知識、技術、思考を総合的に学ぶ。また、理学療法管理論を配置し、理学療法士として職場管理に必要な能力を培うとともに、職業倫理を高める態度を養う。通年科目には、地域理学療法学Ⅱを配置し、地域における理学療法について、主に症例検討を通して実践的に学ぶ。後期科目には、理学療法総合演習Ⅱを配置し、既習してきた基礎医学、臨床医学、専門分野の知識を系統的に再学習し、理学療法実践に繋げる。また、科目とは別に国家試験対策を実施している。
実習については、前期に7週間の臨床理学療法実習Ⅲ(治療実習)、後期に7週間の臨床理学療法実習Ⅳ(治療実習)を配置し、ある程度の助言指導のもと基本的な理学療法が実施できることを実習の目標としている。
最終学年として、国家試験合格を目標とするとともに、理学療法士として必要となる臨床、教育、研究の力を総合的に育成し、患者様、利用者様に必要とされる理学療法士を育成する。

 ■ 作業療法学科 カリキュラムポリシー

1.1年次においては、基礎分野、専門基礎分野の科目を中心に配置している。基礎分野の前期科目に基礎学習論を配置し、基本的な学習方法の習得とともに自ら学ぶ力を育成する。また、コミュニケーション論を配置し、医療従事者として対象者との良好な人間関係の構築のために必要な、実践的なコミュニケーション能力について学ぶ。専門基礎分野においては、作業療法士としての根幹をなす、基礎医学ならびに臨床医学の科目を中心に配置している。特に基礎医学の解剖学、生理学、運動学は時間数とともに内容の充実を図っている。また、後期科目である一般臨床医学Ⅰにて、画像診断学および救急救命医学の基礎を学ぶ。専門分野は通年科目である作業療法概論Ⅰにて作業療法プロセスについて、作業療法概論Ⅱにて症例を基盤とした作業療法の展開を学び、1年次に学修する各科目の知識を作業療法プロセスの中で関連付けて活用できる思考力を育成する。また、地域包括ケアシステムを踏まえ、地域作業療法論Ⅰでは地域で活躍するセラピストからの講義も含め、対象者が将来生活する場所、場面の社会資源などの知識を学ぶ。
実習は、入学直後に3日間の作業療法概論実習、前期の後半に5日間のケアクラークシップを配置している。また、科目とは別に後期の後半に5日間の進級準備特別実習(クリニカルクラークシップ)を配置している。

2.2年次においては、1年次に引き続く専門基礎分野とそれを基盤とした専門分野の科目、それらの知識と技術を活用する統合科目を配置している。専門基礎分野の一般臨床医学Ⅱにて薬理・栄養の基礎知識を、基礎臨床医学で病態生理に関する知識を学び、情報から患者像を導出する推論能力の強化を図る。専門分野では様々な障害によって生じた対象者の生活上の問題を明らかにし、解決方法の策定と評価から治療の繋がりを学ぶ。作業治療技術論では作業活動の実践を通して作業が人に与える影響を学ぶほか、身体機能向上への方策を学ぶ運動治療技術論、高次脳機能障害への介入技術を学ぶ認知評価治療技術論を配置している。統合科目では、疾患を軸とした評価から治療までの作業療法プロセスに沿った学習を目的に、運動器障害、神経障害、内部障害、精神障害の各領域における系統別科目を配置する。さらに、少子高齢社会に対応できる予防的観点からの作業療法を予防作業療法学で、チームアプローチ論にて医療・福祉領域の専門職連携を学ぶ。
実習は、前期に臨床作業療法実習Ⅰ、後期に臨床作業療法実習Ⅱをそれぞれ5日間、後期後半には、6週間の臨床作業療法実習Ⅲ(検査測定実習・評価実習・訪問および通所リハビリテーション領域の実習)を配置している。

3.3年次においては、専門分野の科目を中心に、実践学習が促進されるよう配置している。地域作業療法論Ⅱでは、生活行為向上マネジメントを活用した地域生活者の生活支援の視点を学ぶ。作業療法管理論および作業療法教育論では作業療法士としての後進の育成、実習における学生教育、職場における職員教育等に関す教育理論や方法、作業療法部門の管理運営方法の基礎や職業人として必要な倫理、そして責任を学ぶ。また、統計学や作業療法研究法で基本的な統計の手法ならびに研究の意義、文献レビューや研究計画や発表の方法を学び、卒業後の研究活動につなげる。そして、卒業後の基本的な作業療法の実施に必要となる知識と技術を、前期の医療保健福祉作業療法学で修得するとともに、後期の総合演習にて既習の基礎医学、臨床医学、専門分野の知識を系統的に再学習する。
実習は、前期に7週間の臨床作業療法実習Ⅳ(治療実習)、後期に7週間の臨床作業療法実習Ⅴ(治療実習)を配置し、ある程度の助言指導のもとで基本的な作業療法が実施できることを実習の到達目標としている。最終学年では、作業療法士国家試験合格を目標として臨床、教育、研究の力を総合的に育成し患者様、利用者様、社会に必要とされる作業療法士を目指す。

ディプロマポリシー

上尾中央医療専門学校は、「未来が求める人」となる、理学療法士・作業療法士を育成することを目指している。療法士は専門的な知識・思考・技術を用いて治療するだけではなく、一人の人間として基本的態度を基盤とし、礼節と社会人基礎力を兼ね備えていることが求められる。そして、内省的な視野を持ち、問題解決ができる療法士を育成する。
その人財育成の為に、1年次より基礎から専門分野において情意・知識・技術を有機的かつ体系的に学習できるカリキュラム構築を行っている。予め各科目における到達目標と成績評価基準を定め、厳格に成績評価を行う。

下記の能力を身につけ、本学の学則に定められた教育課程のすべての単位を修得した者に対して卒業を認定し、専門士の称号を授与する。

1.人としての基本的態度、医療人として命を尊び共感的態度を持ち、倫理に基づいた思考・活動能力。(「社会人・医療人としての精神」「人としての基本的態度」・「情意」)

2.どのような状況下でも自己を客観的に見つめ、内省する力。また、主体性や発信力など社会人基礎力を身につけ、自己の役割と責任が果たせる能力。(「メタ認知」「社会人基礎力」)

3.療法士に必要な基本的な知識および技術を身につけ、保健・医療・福祉の関連性や連携を意識し、チームの一員として行動できる能力。(「社会人基礎力」「認知」「精神運動」「スキーマ」「質の高い治療」)

4.自己理解を深め、興味関心や期待される役割を認識し、発展的に自己学習ならびに自己のキャリアを形成できる能力。(「メタ認知」「高度な自己学習能力」)

5.社会の変化やニーズ、幅広い関心や問題意識を持ち、変化を前向きに受入れ柔軟な対応と問題解決ができる能力。(「時代に即応できる人財」)

PAGETOP