作業療法学科

在校生からのメッセージ


石井陽菜さん
【作業療法学科2年】

私は、身体に障害を持っている祖母と同居しており、障害のある方々が作業療法士とのリハビリを通して楽しく暮らしている姿を見て、祖母も同じように楽しい日常生活を送れるようにしてあげたいと思い作業療法士を目指すことにしました。
この学校を選んだ理由は、臨床実習が充実しており、現場につながる経験がたくさんできると思ったからです。また、国家試験の対策が充実していることや海外研修でハワイに行けることに魅力を感じました。

テストや課題で毎日が忙しく、つらい時もありますが、充実した学校生活を送っています。校内での学習では、先輩から実技を教えてもらい、それを後輩に伝えていく環境があります。同じ目標を持った仲間とお互いの意識を高め合いながら学ぶことができます。
2年後には立派な作業療法士になれるように頑張っています。


竹内彩香さん
【作業療法学科2年】

作業療法士という職業を知り、“こころとからだのリハビリテーション”という面に強く魅力を感じたことから、もう一度学生に戻って挑戦してみようと入学しました。
本校を選んだのは、落ち着いた立地、豊富な実習に加え、礼儀正しく生き生きとした学生の姿に惹かれたからです。馴染みのなかった医療の学習や、課題、試験と大変なことも多いですが、自主学習や実技練習に熱心な学生が多く、工夫し助け合いながら前に進んでいます。同級生の多くとは歳が離れていますが、同じ作業療法士を目指す者同士、意見や疑問を出し話し合う日々はとても充実しています。

定期的に実習があることは、学んだ知識を「なるほど!」という実感を伴った気づきとして集約させることにつながっています。対象者の方とふれあいを早期から持て、講義で臨床のセラピストのお話を聞く機会も多く、自身の目標や課題も日々明確になっていきます。「その人にとって大切な作業とは?」をじっくりと考え、サポートしていける作業療法士になりたいと思います。高校生の方はもちろん、大学生や社会人の方もぜひ本校を見に来てみてください。

PAGETOP