理学療法学科

理学療法の歴史を重んじた上で、
これから必要となる
最新の学修を学⽣とともに。

臨床経験豊富な教員だからこそ教育の枠にとらわれず、学⽣個⼈にあった学習環境を模索していけると考えています。臨床での学⽣教育の中で培った経験を元に、学校教育に必要と感じたことを学習に取り⼊れることで、臨床に近い教育をおこなっています。

理学療法学科の学科目標

高い専門性と豊かな人間性を兼ね備えた理学療法士

実践力を重視し、臨床に必要とされる専門職を目指します。

理学療法の基本的な知識と技能を修得し、自ら学ぶ力を身につけます。
楽しく安心して学べる環境と、実践的な教育。
教員が定期的に臨床現場に出て理学療法を実施することで、学習内容に関する意味づけや実践的な教育内容につなげていきます。
また学生の思考過程を見える化し、理学療法に必要な思考力・表現力を育成します。
さらに、学生と教員のコミュニケーションがとりやすい関係を大切にし、普段から気軽に相談できる環境を意識しています。

理学療法とは

身体に障害のある人に対し、基本的動作能力(起きる・歩く・座るなど)の回復や維持をはかるため、運動療法や電気刺激などの物理的手段を用いておこなう治療法です。
また、このような治療法を用い、医師の指示のもとリハビリテーションをおこなう専門職が「理学療法士」です。

理学療法士は Physical Therapist(PT)とも呼ばれます。

学科の特色

理学療法の歴史を重んじた上で、これから必要となる最新の学修を、学生と共に。

本校の教員は臨床経験豊富ですが、教員経験はまだ浅いかもしれません。だからこそ教育の枠にとらわれず、学生個人にあった学習環境を模索していけると考えています。
臨床での学生教育の中で培った経験を元に、学校教育に必要と感じたことを学習に取り入れることで、臨床に近い教育を目指します。

  1. 学習者中心教育(学習者の意欲を高める教育技法)
    • 統合カリキュラムの導入
    • 問題解決型学習(チュートリアル学習)の導入(自己学修)
    • ワークショップの導入
  2. 学習効果の高い実習時期の選択
  3. 基礎医学と問題解決思考を重視した教育
  4. 客観的臨床能力試験(OSCE)の導入
取得できる資格理学療法士<国家試験受験資格>
定員40名
修業年数昼 3年

学科長挨拶

あなたの素敵な夢を⼤切に、⼀緒に学んでいきましょう!

  • 「思いやりのある理学療法士になりたい」
  • 「人の役に立ちたい」
  • 「一緒に喜びあいたい」

皆さん、入学するときには大きな夢を抱えて理学療法士を目指します。しかし、入学後のハードな毎日に追われ、いざ実習に行って患者さん、利用者さんを担当するときには、その気持ちを忘れがちになります。理学療法士は自分が主役ではありません。理学療法の対象者すべての生活をよりよくするためのサポーターです。

患者さん、利用者さんをサポートするためには、さまざまな知識・技術が必要になることから、どうしても勉強に追われがちですが、どんなときも「患者さん、利用者さんのために」という気持ちを忘れないで欲しいと願っています。最初に抱いた皆さんの素敵な夢を大切に、一緒に学んでいきましょう。

学科⻑ ⾼島 恵
オープンキャンパス
資料請求