理学療法学科

在校生からのメッセージ


齋藤雄太さん
【理学療法学科2年】

私は、脳卒中になった家族の一人がリハビリで理学療法士の方にお世話になっているのを見て、自分も誰かのために働けるような大人になりたい、同じような職に就きたいと思うようになりました。
この学校を選択したのは、3年制という最短期間で現場にでることができる、学校の雰囲気の良さ、実習が充実しているということからです。
実習では、既習事項を行うものだけでなく、先行体験型で次の勉強に取り掛かりやすくするものもあります。その為、学習した内容の知識技術を深めるだけでなく、新しいことを学ぶ場にもなります。

3年制ということで、勉強や実技練習で時間に追われる時もありますが、先生方のサポートやクラス仲間との協力もあって、楽しく充実した日々を過ごせています。
この3年間で、現場に出て多くの人の助けになれる理学療法士を目指して、クラス仲間と支え合いながら、日々の勉強を頑張っていこうと思います。


初澤知花子さん
【理学療法学科2年】

私は大学の授業で身体機能についての講義を受け、もっと深く知りたいと思ったこと、部活でのケガで関わった理学療法士の方の技術と知識、やさしく親身になってくれたことで憧れを抱き、身体機能の専門性が高い理学療法士という職業に興味を持ちました。
この学校に決めた理由であるオープンキャンパスで感じた先輩方や教員の方々の温かい環境は入学した今でも変わらず、同じ夢を追う仲間と切磋琢磨しながら充実した日々を送っています。また、実習時間が多く、より臨床に近い学習ができることもこの学校の魅力の一つです。

実習先では現場でしか学べない知識や思考、患者様との関わりあいを学ぶことができ、その後の学習に生かすことができる貴重な時間と感じています。
この学校の学科目標である「高い専門性」と「豊かな人間性」を持つ理学療法士になれるようにこれからも学習してきたいと思います。

PAGETOP